代表挨拶
ホーム > 代表挨拶

代表挨拶

ごあいさつ

初めまして、上伊那家庭教師会の竹村秀之です。
教育に関わる仕事がしたい、その一念で塾講師から始めた学習支援の仕事ですが、気づけば前職の鉄道員よりも長く続けさせていただいています。

僕はこの仕事に就いてから、必ず貫こうと思っている信念があります。
それは、『保護者よりも生徒と向き合うこと』『どんな状況でも子供の味方でいること』この二点です。


当り前のことですが、この当たり前を実践できている同業者はどれだけいるのでしょうか。
塾や家庭教師などの学習支援を行う業者は世間に数多くいますが、その教育方針や実際の指導内容は様々です。
縁あって松本市から駒ヶ根市に移り住むようになりましたが、環境が変わっても僕の仕事に対する信念は変わりません。
これからも、生徒さん一人ひとりの力になれるよう、全力で指導してゆきます!

略歴

1979年 12月 15日

松本市(旧波田町)に生まれる。

小中学生時代は水泳、野球、バスケットボール等様々なスポーツに明けくれる毎日を送る。

スポーツの盛んな松商学園高等学校に進学、長距離選手として陸上に打ち込む。その後、松商学園短期大学に進学。

卒業後JR東日本に就職、一年間の駅勤務、五年間の車掌勤務を経験する。

在職中、友人に勧められて始めた「少林寺拳法」にのめり込み、段位を獲得。

子供達の指導をするうちに、『教えることが得意な自分』に気づく。

2006年 4月

一念発起し、JR東日本を退職。教育者の道を歩むための第一歩として学習塾に講師として就職。

2007年 4月

独立起業し、学習支援業として家庭教師を始める。

2010年 4月

結婚を機に活動場所を松本市周辺から上伊那地域周辺に移す。

2012年 5月 18日

長女の誕生でますます気合が入りつつ、毎日ちからいっぱい指導中。

まずは1ヶ月無料体験からはじめましょう!