「前期試験終了」
ホーム > 「前期試験終了」

「前期試験終了」

2014年02月16日(日)11:14 PM

 とんでもない大雪が降ったこの週末、皆様いかがお過ごしでしたか。

 きっと皆さんも同様だったと思うのですが、僕は金曜日は午後から雪かき、土曜日は午前中から雪かき、日曜日も午前中に雪かきと、ひたすら雪をかきまくって過ごしました。あああ、身体じゅうが痛い・・・・・・。頼むからもう降らないでくれーーー!!と、天に向かって祈りたい気分です、今。

 

 さて、受験シーズンの今ですが、6日は高校の前期試験がありました。僕が指導している生徒さんの中にもこの試験を受ける子が毎年いるのですが、今年も無事に合格してくれました。

 合格したのは、もちろんその子の努力の賜物です。でも、やはり合格を目指して一緒に勉強してきた僕自身も、努力が報われたなあ・・・・・・って、しみじみと喜びをかみしめています。嬉しいなあ。

 

 どの高校も行っていた数年前と比べたら随分と少なくなりましたが、面接と作文で試験をする「前期試験」も、依然として志望校に入るための一つの選択として残されています。ただ、この試験で重要視されているのは面接でもなく作文でもなく、実際は「内申点」です。長野県の場合は、この内申点は中学3年生の成績、9教科5段階評価で決まります。もっとも、内申点は後期試験にも影響するんですが・・・。

 当たり前の事ですが、定期試験できちんと点数を取り、提出物をきちんと出し、きちんとした態度で授業に臨む。そういう事の積み重ねが、受験の結果につながっていくんですね。